Event is FINISHED

「ティール組織」診断&実践ワークショップ

Description


次世代型組織として注目される「ティール」。そして、そのベースとなった「インテグラル理論」。両者を統合し、理想の組織やチームを創るためにはどうすればいいのか?

今回、ティール、インテグラル理論の本場ヨーロッパでの研修を受けて、ティール組織へ向けた診断&実践ワークショップを開催させていただきます。

なお、このワークショップにご参加いただくと、今回ご紹介する内容を活用して、他社へのティール組織診断も可能になります(条件やルールがございますので、ワークショップ内でご紹介します)。


【対象となる方】
・ティールに興味があるが何から始めればいいのか?と悩んでいる方。
・詳しくは知らないけどティールに興味があるという方。
・実際にティール組織への改革に取り組み始めている方。
※経営者/経営陣、リーダー/マネージャークラスの方を対象にしています。

【得られるもの」
本ワークショップにご参加いただくと、本場ヨーロッパから輸入したティール組織の診断マップ、ならびに日本オリジナルのカードを使って、自社や他社の組織を診断することが出来ます。


【内容】
ティール組織を自社で実践するために、ティール組織マップとオリジナルの診断カードを使って、今の組織の状態を把握します。また、そこからどのようにして今の組織を良くしていくかを考えていきます。

ティールシステムとその意味について
・なぜティールシステムが重要なのか?
・コーピング
・変革の必要性
・変革リーダーに必要なスキル
・4象限説明、ワーク(全体性)
・5つのレベル
・各層で起こること、注意点
・グラスワーク 組織管理の変革
・ステージ
・ビジョン
・存在目的

カードによる演習
・カード説明
・目標と現実の比較
・現実分析診断
・問題の発見
・目標設定



※内容は変更の可能性がございます。


▲ワークショップで利用するカード(日本語版)


▲ワークショップで利用する診断シート


【講師】
坂本路子
一般財団法人日本アントレプレナー学会 評議員
マイケルE.ガーバー認定講師を経て2016-18年には米国マイケルE.ガーバーカンパニー選出の日本リーダー就任。起業家の両親のもとホテル、飲食、不動産、サロン、アミューズメント施設等の数々のビジネスを経営。起業〜売却ビジネスの経験を積み、ロンドンのビジネススクールに留学後にコンサルタントとして独立。中心となる強みを活かし、人材組織開発とシステム化を軸に海外エグゼクティブビジネスコーチとして活躍する。現在は、オランダ移住を果たしてヨーロッパ、日本、アメリカの3拠点を行き来しながら海外国内クライアントに向けて世界基準のカリキュラムを提供するビジネススクールを運営。


【開催日時】
東京:10月10日(木)


【主催】
一般財団法人日本アントレプレナー学会
一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、以降、中小・スモールビジネスの経営支援をしております。
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
URL:https://entre-s.com
TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#479712 2019-10-04 04:34:51
More updates
Thu Oct 10, 2019
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
田町会議室
Tickets
早割(通常85000円) SOLD OUT ¥58,000
Venue Address
東京都港区芝浦4-20-2 Japan
Organizer
ORG MAP
64 Followers